Blog&column
ブログ・コラム

家族葬を行うメリットとは

query_builder 2023/08/03
コラム
54

家族葬とは、故人の葬儀をその近親者だけで執り行うことを指します。
家族と名を冠しているからといって、家族しか参加できないという決まりはありません。
そのため、故人と生前親しかった友人や家族を交えて少数で行うことも家族葬としてくくられています。

家族葬をする目的
■生前の故人の遺言
生前の故人の遺言として、葬儀などにお金をかけない意向を聞くことがあります。
残された家族の負担になりたくないという思いなど、故人の意思が尊重される場合が最も多いです。

葬儀の施主など関係者の判断
葬儀を行う施主や故人の家族の意向も、反映されます。
金銭的な問題や生前の故人の過ごし方を、想像して決める場合が大半です。

家族葬を行うメリット
■準備や当日の負担が少ない
葬儀には、事前準備や当日の対応などやることが多いのは言うまでもありません。
葬儀形式を決めることはもちろん、その内容や日取りを決める必要があります。
参加者へのお知らせなど規模が大きくなればなるほど、多岐に渡ります。
その点で家族葬は、参加人数や葬儀の規模も最小限で済むため、負担が少ないメリットがあります。

■自由な葬儀を行うことができる
次に葬儀の規模が小さいからこそ、自由な葬儀形式にすることができるという点。
故人の生前の遺品やアルバムを並べるなど、故人と親しかった人たちだけで最後の別れの空間を作ることができます。

▼まとめ
家族葬は、金銭的な側面を考えられがちですが、何より故人とこじんにとって最も親しかった人たちとの最後の別れを大切に使える時間と言えます。
そのため故人がどんな人だったかを改めて知り、これから残されたものの生き方も考えるきっかけにもなります。
葬儀形式でお悩みの場合は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

NEW

  • 徳島県での家族葬のことなら徳島葬送.comへお任せください。

    query_builder 2021/11/09
  • 仏壇や墓石の種類について解説

    query_builder 2023/09/01
  • 家族葬を行うメリットとは

    query_builder 2023/08/03
  • 法要料理の選び方と手配の仕方について

    query_builder 2023/07/05
  • 散骨を自分で行う方法とその手順について解説

    query_builder 2023/06/03

CATEGORY

ARCHIVE