Blog&column
ブログ・コラム

空き家に住み着く動物について

query_builder 2022/05/01
コラム
33
大切な方が亡くなってしまった際に「一体何から手を付けよう」と困惑される方は多いですよね。
相続など葬儀後にやることは多いですが、生前利用されていた空き家の管理もポイントがあることをご存じでしょうか?
今回は管理の注意点として、空き家に住み着く動物についてご説明させていただきます。

▼空き家に住む動物
人間の生活感を感じない空き家を手入れせずそのままにしていると、勝手に動物が住み着く場合があります。
動物が住み込むと一体どんな被害を受ける場合があるのか、いくつかご説明させていただきますね。

■虫による被害
身近な害虫といえば「ゴキブリ・ダニ・ノミ」などを思い浮かべることでしょう。
不衛生なのはもちろんですがシロアリなど建材を餌とする虫に侵食されると、最悪建て替えを余儀なくされる場合もあります。
またスズメバチなどが巣を作ると建物に近づくだけで危険な状態になるので、定期的なメンテナンスが大切です。

■獣による被害
一般家庭のようにネズミが壁や電気配線を壊すように、害獣被害は空き家でも注意が必要です。
ハトやスズメなどの鳥類も、屋根裏や換気口など侵入が容易な場所へ糞を撒き散らされると、天井部を痛めてしまいます。
また床下もハクビシンやイタチ以外にもタヌキなど外来生物の被害で、悪臭や最悪倒壊のリスクも出てくるため大変危険です。

▼まとめ
空き家は人間の生活感を感じにくいため、虫や獣の住処としてターゲットになりやすいです。
放っておくと大掛かりな建物の補修や清掃だけではなく、最悪倒壊や建て替えにまでに発展する場合もあるので注意しましょう。
弊社では葬儀後の遺品整理や空き家対策のご相談も承りますので、気軽にご相談ください。

NEW

  • 徳島県での家族葬のことなら徳島葬送.comへお任せください。

    query_builder 2021/11/09
  • 直葬とは?直葬のメリットについて解説

    query_builder 2022/08/01
  • 法事の日程について

    query_builder 2022/07/15
  • エンディングノートの保管について

    query_builder 2022/07/01
  • エンディングノートの内容と書き方

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE